galaxy買取専門店

ドコモでのギャラクシーの変遷

日本では韓国サムスンが展開するギャラクシーが初めて販売されたのは2010年10月で、NTTドコモから発売されています。
GALAXY Sというブランドで、それまでのXperiaに次ぐブランドとして期待されたものです。
4インチのディスプレイにOSはAndroid2.2搭載してきたのです。
発売日にはドコモのCMキャラクター堀北真希もイベントに登場した程です。
その後7インチタブレットのGALAXY Tabも発売され徐々に進出してきます。
スマートフォンのGALAXYシリーズは以降のモデルでディスプレイが段々と大型化していきます。
最新のGALAXY S4だと5インチになっています。
進化としては、S2でワンセグ搭載、NEXUSでAndroid4.0搭載、S3ではおサイフケータイに対応するようになります。
S4ではさらにおサイフケータイはFeliCaの他にNFCの決済にも対応するようになったのです。
私はタブレットのほうを実際に使ってきて慣れているせいもあり使いやすいです。
GALAXY Tab(SC-01C)、GALAXY Tab 7.0 Plus(SC-02D)、GALAXY Tab 7.7 Plus(SC-01E)の順です。
SC-01Eだけ7.7インチある分余裕があり、ワンセグやNOTTVを使えるのはよいです。